2月25日は[夕刊紙の日](http://www.nnh.to/02/25.html)、祖父が新聞配達してて20時就寝→2時起床とかしてたな… 2月25日は夕刊紙の日、祖父が新聞配達してて20時就寝→2時起床とかしてたな…

仕様変更と実装と私

全体像が固まりきってなかったりそもそも機能レベルに落とし込めてない時って仕様がブレがちなんだけど、それをどう乗り越えていこうかなって思った話。

「これ、今はXXXなんだけどYYYに修正してほしいです!差し込みですみませんが!」というやつ。個人的には全然いいっすよ 😄 って感じなんだけどこれによって後に控えているタスクたちの開始が後ろになっていくのでトータルの時間が伸びてリリースを待ち望んでいる人たちに申し訳ないケースがあるかもしれない。じゃあどうやったらこういったことを少なくしたりほぼゼロにしたりできるんだろうね?と考えたけど、

  • サービス設計がブレない程度には考えられている
  • どこまでエンジニアに伝えたら実装できるか考えられている
  • 実際にその機能がどんな動きになるかが考えられている

結局こんなところなんじゃないの、というお気持ち。

どこまで考えられていればいいのかが難しいので僕らエンジニアとコミュニケーションと取ってもらいつつ、Issueを立てる時にこのくらいまでは考慮しておいてねぇ〜とかそういう基準をチーム内で作れたらいいんじゃないかなぁ。この辺は前提知識というよりもチームとしてどの基準でIssueが立てられていたら実装するだけの状態になるんだっけ?を見定めるのが大事そう。あとはサービスの価値とかがブレて設計もブレる、みたいな事件が起きなければだいたいは大丈夫なのかもしれない。